アパート投資・不動産投資

アパート投資・不動産投資

アパートを建てる、または投資物件として購入し、オーナーとなって所有物件を賃貸物件として運用(経営)することをアパート経営(アパート投資)と言います。

アパート投資はアパートを経営・管理することで長期にわたって家賃収入が見込める不動産投資です。

また家賃は景気に左右されにくいため、収入が急激に上下するような変動も起こりにくいです。

また時間的な拘束もないため、現在会社勤めの方でもアパート投資を始めることができます。

土地を持っている方は、所有する土地にアパートを建てて運用することができますが、土地を持たない方はアパートを土地ごと購入する必要があります。

特に地方の県庁所在地がある都市などは、アパートの利回りが高めなので購入する方が多いようです。

アパートの場合は1棟買いしかできません。

マンションのように1部屋買いで気軽に購入することはできませんが、マンションよりも利回りが高い可能性が大きいので、初めの支出は大きいですが後々取り返すことができるようです。

アパート投資のポイントとは

アパート投資に関して、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

もし土地を持っている方であれば、その土地にアパートを建て、そのアパートに投資し、運用することができますが、土地を持っていない方は、投資するためのアパートを購入する必要があります。

アパート投資の物件は地方の県庁所在地がある都市の物件がいいそうです。

購入したいと思うアパートを見つけたら、ポイント(条件)に当てはまるか確認してみましょう。

ひとつは表面利回りが10パーセント以上あること。

これは物件を管理している不動産会社に確認を取ったほうがいいでしょう。

次に月々の収支がプラスになること。

そして安定した高い入居率が見込めること。

空室が多いと何の保証もない場合、赤字にしかならないのでしっかり確認しましょう。

最後に信頼できる管理業者に委託できること。

アパート投資と運用は一人では難しいと思います。

アパート投資で迷ったら

できれば購入した物件を保有していた不動産業者に管理委託するのが最良の方法ではないかと思います。